スウェーデン/ストックホルム出張のついでに観光してきたのでちょっとまとめてみる

2019年6月にSweden/StockHolmに出張してきました。仕事の合間で観光もしてきたので少し情報をまとめてみます。

スウェーデン/ストックホルム情報

タクシー

Uberが使える。台数もそれなりに走っているため、呼べば5分弱で来てくれるので問題なし。
また、StockHolmは観光スポットが都市部に集中しているため、徒歩で割と完結するためあまり使うケースもない。
一応流しのタクシーもそれなりに見かけたけど、Uberがあれば使う機会はあんまりないと思う。

電車/バス

SL Access Cardと呼ばれる仕組みで使えるらしいが、一度購入してから75分間乗り放題の代わりにちょっとだけ割高。45SEK(500円程度)
前述の通り徒歩+タクシーで問題ないので、無理して使う必要はないように感じた。
詳細は下記の記事で紹介されているので参考にしてください。


【保存版】ストックホルム地下鉄・トラム・バス・鉄道の乗り方/チケット購入方法・路線図など

通貨/支払い

クレジットカードが使えない店は皆無と思って良い。逆に現金が使えないケースも・・・
日本円からSEKへの変換レートはとても悪いため、現金は0でも良いと感じた。
実際30000円換金して、一円も使わずに再換金して22000円程度になり相当損をした。

気温

6月中旬で20〜23度くらい。東京よりは若干涼しいかな程度だが、緯度の割にはすごく涼しいという印象ではない。
夜は少し温度が下がるため、日中は東京と同じで半袖で過ごして、夜は羽織るものがあるとちょうどよかった。

日照時間

とにかく日照時間が長い!6月では夜10時くらいでも平気で明るい。時差ボケに加えて夜なのに昼の感覚になるので結構つらい。逆に夏場以外は日照時間が異常に短いため、観光でいくなら夏場がオススメだとのこと。

移動/各種観光スポットとか

アーランダ空港からStockHolm Central Stationまで

Arland Expressを利用すれば20分弱で到着。グループチケットを買うと350SEKで2人乗れる。早くて安いのでArland ExpressでOK。

料理/お酒

料理はスウェーデン料理?なのかわからないがミートボールがおすすめ。
濃厚なソースのミートボールにラズベリーのような酸味のあるソースをつけて食べる。これが意外とうまい。

あとは、ひたすらジャガイモを食べさせられる。マッシュポテト地獄。

酒に関してはビールとシードルと呼ばれる果実フレイバーのついたサイダーのようなお酒がどこにでもある。レストランやバーで飲むとビール一杯800-1000円程度、シードルが700-800円程度なので日本に比べたら少し割高だが、そこまででもない。

ガラムスタン

魔女の宅急便のモデルになっている町。
StockHolm Central Station付近から徒歩で10分程度。

近いし雰囲気も良いのでStockHolmに行くのであれば必ず立ち寄っていいだろう。半日あれば下記のノーベル博物館も含めて周れる。

ノーベル博物館


ガムラスタンの中にある。StockHolm Central Station付近から徒歩で10分程度。
歴代のノーベル賞受賞者に関する展示物やノーベル自身についての資料が展示してある博物館。入場料は100SEKなので1200円程度。規模は大きくないが1200円と考えればとても安い。

ヴァーサ号博物館


1628年に沈没し、333年後に引き上げられたヴァーサ号という船が展示してある博物館。StockHolm Central Station付近からタクシーで15分弱、150SEK(1700円程度)世界で最も状態がよく保存されている17世紀の船が置いてある。船だけでなく、沈没した際に亡くなった人の骨や当時の海底捜索の際に利用されていた道具なども保存されており、かなり見応えあり。

Kvarnen


有名なレストラン。1900年代前半からやっている由緒ある場所らしい。StockHolm Central Station付近からタクシーで15分弱、150SEK(1700円程度)。3人でお腹いっぱい料理を食べて普通にお酒を飲んでも180SEK、20,000円程度だったので日本でちょっと良い食事をしたくらいの感覚。スウェーデン特有の料理も色々あるのでおすすめ。

ESPRESSO HOUSE

ストックホルムの街を歩いていると無数に見かける。コンビニはセブンイレブンがあるのだが、それ以上にある。逆に、世界のどこでも見かけるスタバが存在しない。店員さんに聞いてみたところストックホルムだけで160店舗あるとか・・・

コーヒー自体の価格はエスプレッソやカフェラテで4SEK、500円程度なので一般的な喫茶店と同じ。店の中の雰囲気はよく、個人的にはスタバより好きかもしれない。

VOI

ストックホルムにきて一番最初に気づくのが、電動キックボード?のようなものが街中におもむろに置いてあること。実はこれ、アプリをインストールすると利用できるVoiというサービス。アプリをインストールしてQRコードで読み取るだけで利用可能になる。支払いはクレジットカードを登録するだけで可能。利用時間は1分間で数十円程度なので、10分乗って500円程度なのでリーズナブル。アクセル全開にすると思ったよりもスピードが出るので注意。

まとめ

都市部に観光地がまとまっているため周りやすく、かつ交通も利用しやすかった。クレジットカード文化が発達しているため、現金は不要。
観光地がまとまっているが故に2日程度あれば観光としては十分足りるため、フィンランドなど別の北欧の旅行と一緒にするくらいで良いかもしれない。

スポンサーリンク