一戸建てでauひかりからnuro光に乗り換えた

auひかりが2年契約だったので、ちょうど更新月が来ていたのでnuro光への乗り換えを検討した結果、完全にお得だったので乗り換えた話。

月額価格比較

KDDIへの支払いは月額5,832円。内訳はこんな感じ。

ネット月額利用料(ずっとギガ得プラン) 5,000円
請求割引(クレジット払い) -100円
HGW内蔵無線LAN親機機能使用料 500円
消費税 432円
合計 5,832円

この中で気になるのがHGW内蔵無線LAN親機機能使用料の500円。なぜか無線LANの機能を使うのに月500円を払い続けなければいけない。今のご時世4000〜5000円でそこそこの無線LAN機器が買えるご時世に500円を払い続けるのはちょっと納得がいかない。しかも電波も弱いので、我が家では結局KDDIのルーターとは別に自前の無線LANルーターを接続していた。これでは500円をどぶに捨て続けていることになる。

一方、nuro光は月額5,122円。内訳はこんな感じ。

ネット・プロバイダ月額利用料 4,743円
無線ルーター契約料 0円
セキュリティ(5台まで)
Kaspersky
0円
消費税 379円
合計 5,122円

単純に1ヶ月700円安い。だけでなく、5台までカスペルスキーのセキュリティソフトのインストール権がついてくるため、別枠でウイルスソフトを購入している人はその費用の減額までできる。神。

初期費用

月額で700円安くなるため年間9400円+α(セキュリティソフト代)の価値があるのはわかったが、auひかりの解約料とnuro光の新規開通費用次第で9400円ではあまりメリットがでないため、そのあたりもしっかりと検討した。

auひかり解約料

auひかりで考えなければいけないのは大体下記の3つ。

  • 違約金
  • 初期工事費用の分割払込
  • 光ファイバー撤去工事量

    違約金

    違約金に関しては、基本的には2年間に更新であるため更新月であれば違約金は無料。更新月でない場合の違約金は15,000円かかる。
    今回は2019年3月〜4月が更新月であったため、そのタイミングで解約をしようとしていたが、解約の申し込みをした電話で「6月まで契約をしてくれれば3万円のキャッシュバックが郵便為替で送られます」とのことだったので、キャッシュバックをゲットして違約金をペイする作戦をとった。

    郵便為替が意外とくるのが遅くてひやひやしたが、ちゃんと来た時はほっとした笑

    初期工事費用の分割払込

    契約の時期によって異なるのだが、auひかりは初期の工事費用の負担がない代わりに、2年間未満で契約を解除すると残りの工事費を請求されるという仕組みがあるらしい。しかし、今回は5年間契約しているのでそれもなし。

    光ファイバー撤去工事量

    解約後に、既に引き込んでいるファイバーを撤去する工事が10,000円?15,000円?で実施されるらしい。しかし、これは実施するかどうかの判断はこちら側にあるらしく、ファイバーが引き込んであったとしても特段問題はないため実施しないという整理に。なのでこちらも0円。

    nuro光初期費用

    nuro光の初期費用は大体下記2つくらいだろう。

  • 事務手数料
  • 工事費用

    事務手数料

    初期費用として3,000円取られる。まあ、これは仕方ないし大したことがないのであまり気にしない。

    工事費用

    30ヶ月分割で1,333円/月の負担がかかるため約4万円かかる。え?高くない?

    nuroキャンペーン

    上記だけ見ると乗り換えに43,000円かかるからnuroに乗り換えても全然ペイしないじゃん・・・と思うかもしれないが、nuroは大体キャンペーンをやってる。今回申し込んだ時は工事費実質無料キャンペーンみたいな形で、上記の1,333円負担が基本料の減額で相殺されるイメージとなっている。

    というわけなので工事費用は全く気にする必要はなし。キャンペーンが終わってしまったらわからないけど・・・

    乗り換え費用は?

    auは更新月に解除をして、工事費用の払込が既に終わっている状態であれば費用はかからない。
    nuro光は事務手数料が3,000円。キャンペーンがあれば工事費は無料。

    結論、3,000円のイニシャルコストでnuro光に移行可能。月額700円安いから4ヶ月で回収可能!

    nuro光移行後

    そんなこんなで7月頭にnuro光に移行を実施。工事は結構混んでいるので開通は申し込みから3ヶ月は見越したほうが良い感じ。

    速度、遅延、安定性は?

    速度は無線経由で200Mbps程度なので何の問題もなし。有線ならもう少し早いかもしれないが。遅延もau時代と比較しても特に大差は無し。今のところ接続が不安定になる事象もなし。

    機器の数が3分の1に!

    これは開通してから気づいたメリットだが、auひかりの時は通信機器としてこんな感じで3台必須だった。

    [ONU] — [auルータ] — [無線ルータ]

    だが、nuro光になるとこれが1台で済む。なんとONUまでルーターの中に組み込まれているのだ。

    [ONU + 無線ルータ]

    このメリットはとても大きく、電源も1つで済むし配線も光ケーブル、電源ケーブルのみで済むのでだいぶ簡潔になった。電気代ももしかしたら下がるかも・・・しれない。

    まとめ

    一戸建てであればnuro光はおすすめ。セキュリティソフトが4,743円の中に含まれているのが非常にコストパファーマンスが高いため、既に別の会社のセキュリティ製品を購入している人であればよりコストメリットが出しやすい。そういった方は是非移行をおすすめする。

  • スポンサーリンク